超夜型人間が、朝活を初めてみた結果。【朝活のすすめ】

2019年4月20日

スポンサーリンク

 

朝活を行うようになってから、20日程経過。

最初は寝坊したりして、時間を確保できなかったりもしたけど、

 

大分安定してきた、そこで思った事は

 

かなり良い、捗るなという感想。

 

元は超がつく夜型だった。

 

どれほど夜型だったかというと、

夜更かし大好き、平日でも特に用事がなくても1時、2時まで起きててしまい。

次の日寝不足で朝辛い。

 

休み前に至っては、寝るのは下手すれば明け方。

基本起きるのは昼過ぎに。

 

酷い時は平日の寝不足を解消するために、夕方まで寝る事も。

これはちなみに死にたい気持ちになる。

 

夜更かし ⇒ 次の日目が覚めるまで寝る。

これが一番至福かも?って人間だった。

嫁もどちらかと言うと夜型で、結婚しても2人で夜更かし ⇒ 朝寝坊みたい感じだった。

 

ただ子供が出来てから

こんな2人でも当然早起きする様になった。

 

なぜ朝活をはじめたか

 

子供が出来てからは半強制的に朝は早くなり、二人共6時すぎには起床。

朝食を作ったり、あげたり、歯磨きや着替え、

保育園の準備等でそれでも時間が足りない位。

 

夜は寝かし付けてからの、夜色々活動する感じだった。

そこから、深夜1時遅い時は2時とか・・

 

ブログを書いたりとか、いろんな事は眠くなる事はなかったのだけど、

問題はプログラミング学習。

 

初めた理由はこちらから

ど素人がプログラミング学習を初めようとする理由

 

 

これがやってると眠くなる。

動画教材を見たりとか、色々やってるのだけど、とにかく眠くなる。笑

そこで朝活を実験的にやってみた感じ。

 

朝活のメリット

 

やってみて感じたメリットをいくつか挙げると、

 

朝活のメリット

時間を有効活用できる。

子供と一緒に寝るので、起きてから朝の準備までは完全に自由時間になるため、

時間を有効活用できると思う。

規則正しい生活になる。

夜型の時はその日によって寝る時間がマチマチだったけど、

寝る時間、起きる時間が一定になって、結果規則正しい生活になった。

週末、平日など関係なくルーティン化する。

上記の様に規則正しい生活になるおかげか、週末等に今日は少しゆっくり寝てようか?

と思ってても自然に目が覚めたりして、結局朝活してるという状態になる。

頭がスッキリしていて集中できる。

眠くなったプログラミング学習も、朝に行うと解決。

時間いっぱい勉強に当てれる様になった。

慢性寝不足がなくなる。

これはかなりデカイと思う。自分は常に夜更かしだったので、平均睡眠時間は5時間とか。慢性的に寝不足で、たまに早い時間に寝落ちして全回復という感じだった。

今は毎日キッチリ6時間以上寝てる為、寝不足は解消されている。

 

もちろんデメリットもあって、

最初よく寝坊したのだけど、そうなると時間が全く取れない。

夜更かしだと、こん詰めて作業したい時は何時間でも取れるけど、朝だと一定の時間になる。

後、夜の方がはかどる作業もあると思う。

 

自分も大半の作業は夜の方が捗るけど、現在はプログラミング学習に重点をおいてる為、

しばらくはこのスタイルで行くと思う。

 

まとめ

 

結局はやりたい事によって使い分けたら良いと思う。

 

ランニングとか、ヨガ等の運動をしたいなら朝だと思うし、

創作活動をしたいなら夜の方が良いかも。

何らかの学習をしたいなら朝の方が良いと思うし。

といった具合に目的に合わせて選択してもらえばと思います。

 

こないだツイートした様に、

子育て世帯で、どうしても時間が取れない!

って人は朝活はマジでお勧めです。

 

以上

超夜型人間が朝活を初めてみた結果。【朝活のすすめ】でした。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

おすすめ

Posted by Tka