『FXトレード戦略』先週の反省、来週からの戦略【FXドル円】

スポンサーリンク

スキャルやスイングトレードを中心に、ドル円メインで取引をしています。

 

先週のFXトレードの反省と、

来週からの戦略という事で、書いてみたいと思います。

 

先週の戦略はこちらから、

『FXトレード戦略』先週の反省、来週からの戦略【FXドル円】

先週の反省。

 

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

まとめ

週足は570pips程の値幅となり、陰線となり終了。

先週と同じ位の値幅となり、また買いゾーンで支えられる形となりました。

 

月曜日は上を試して、売りゾーンに到達して終了。

火曜日は反転して陰線となりました。

水曜日は早朝ツイートした時点では、小さい下落でしたが、

その後に大暴落となり、終わってみると大きく陰線となりました。

木曜日は流れを受け下落、買いゾーンに到達後、下ヒゲとなりました。

金曜日は再び買いゾーンに突入下げきれずに、陰線コマ足となりました。

 

FXブロードネット

 

来週の戦略

 

写真は日足

 

状況

滞在するエリアは変わらずとなり、

丁度ゾーン間を一往復して、現在は買いゾーンの方に支えられています。

レンジの感覚が4,500pipsと大きく値幅がある為、

ゾーン戦略をとっていた人は爆益となった人もいるかもですね。

 

ただどちらが優位かというと、やはり売り優位となると考えてます。

その為下に抜ける可能性が少し高いと思いますが、どうなるか?

 

現在注目している価格帯、ゾーンは以下になります。

 上の赤いゾーン  ⇒ 節目を抜けるきっかけになったゾーン。

 下の赤いゾーン  ⇒ 節目を抜けるきっかけになったゾーン。

 上の青いゾーン  ⇒ 節目を超えるきっかけになったゾーン。

 下の青いゾーン  ⇒ 節目を超えるきっかけになったゾーン。

 

戦略

上記の通りで、売り優位に考えつつのレンジ戦略で、

ゾーンからのポジションを、少し長めにホールドしておくのも、ありかと思います。

ただその際は、しっかりロスカット等はしっかりという感じです。

抜けた際はその方向について行ける様、準備もしっかりしておきたいですね。

 

以上

『FXトレード戦略』先週の反省、来週からの戦略【FXドル円】でした。

最後までお付き合い頂き、有難うございました。

 

人気記事

初心者でもおすすめFX口座、FX会社『FXブロードネット』1000通貨からも取引可能 

【迷ってるならこれでOK】

※口座は無料で開設できます。

 

スポンサーリンク