目標を達成した時に見える景色【井上尚哉vsドネア戦で思った事】

スポンサーリンク

 

皆さんは目標としている事、目標としている人はいますか?

 

先日のツイートですが、

 

長年の目標を達成した時。

目標としていた人に勝利した時、どんな心境なんでしょうか?

 

井上尚哉vsドネア戦

 

 

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)

先日バンタム級トーナメント決勝を観戦していました。

もちろん井上尚哉 VS ノニト・ドネアの注目の一戦です。

 

ドネアはずっと井上の憧れで、目標だった選手です。

そんな選手とバンダム級の頂点を決めるという、大舞台だったので楽しみでした。

 

自分をリスペクトしてくれている相手に対して。

ドネアは36歳、井上の10歳も上でした。

前の試合もお世辞にも、良いパフォーマンスだったとは言えなかったと思います。

自分は、ドネアの試合を見た事はあまりないので分らないですが、

「ここまでコンディションを上げてくるとは・・」と皆さん驚いてました。

 

やはり自分を目標にしてきた選手を前に、失望されたくないですよね?

調整は難しい年齢になっても、

ベストなコンディションで全てを出して、迎え撃ちたかったと思います。

意地でもピークに持ってきたのかな?と思いました。

 

自分もそこまでボクシングに詳しい訳ではなく、

井上尚哉の試合も、数試合しか見た事はないですが、

少なくともこれまでの「ヌルゲー感」は全くなかったと思います。

 

試合内容は?

 

早いラウンドで井上勝利も有りうるとも言われてましたが、実際はどうだったでしょうか?

 

序盤から

2Rにドネアの左フックから、瞼を切って出血、厳しい立ち上がりになりました。

これまでまともに、もらった事もない様な状態で更に、

出血もしたので井上には厳しかったのだと思います。

試合後の会見でも「ドネアが2人に見えていた。」と言ってました。

 

一旦止まっても、また傷口が開いて出血して、といったシーンも見られました。

 

その後も一進一退で、ほぼ互角という感じでした。

いつも圧勝ばかりのイメージだったので、井上尚哉の試合でこんな試合は見た事なかった。

 

念願のダウン

9Rには押し込まれて危ない場面もありつつも、何とか凌ぎきって、

11Rにボディで念願のダウンを奪う、10カウントした様に見えたけど、何とか再開しました。

 

これで勝負がつくかと思ったけど、

一筋縄では行かない感じで、さすが百戦錬磨、さすがレジェンドといった感じでした。

結局は12R戦い終わって判定となりました。

 

結果判定で井上の勝利でした。

 

最初こそ井上の応援をしていましたが、いつの間どちらも応援していました、

手に汗を握る感じで、ハラハラしながら、片時も目が離せない感じでした。

 

素人目から見ても、

互いの想い、技術面、精神面などが交差した、素晴らしい試合だったと思います。

 

何より素晴らしいのが、

終始お互いにリスペクトの念があったのが、垣間見れた事かと思います。

 

まとめ

 

ずっと目標だった人を超えた瞬間は、どんな心境だったのでしょうか?

 

自分も似たような経験は昔あったけど、

ただスポーツみたいに、ハッキリとした白黒がつかないので分らないですが、

結果的に同じ水準になる事は出来たと思います。

 

ただそこの時点がいつってのは分からなかったです、

いつの間にか、ライバル関係みたいな感じに、なっていった様な記憶があります。

 

目標を達成した後は、しばらく達成感と虚無感で空っぽになるかもしれませんね。

ただ、再び新たな目標が出来ると思います。

 

自分も目標があります。

目標としてる人もいますが、まだ背中すら見えてません。笑

 

日々精進していって、少しでも積み上げていって、

仮に達成した後も、更なる高みを目指して歩み続けたいものですね。

 

以上

目標を達成した時に見える景色【井上尚哉vsドネア戦で思った事】でした。

最後までお付き合い頂き、有難うございました。

スポンサーリンク

その他

Posted by Tka