自分がFXで日単位で負けるパターン

2019年11月9日

スポンサーリンク

今週に入って、月曜日、火曜日と負け。

 

月曜日 2勝6敗  -17.6pips

火曜日 2勝10敗 -25.8pips

水曜日取り返せたのと、

 

先週は結構取れたので、そこで大きなダメージはないのだけど。

 

負けた理由は、2日とも同じ要因。

 

これは本当に前から課題なので、

今一度再確認したいと思い記事にしようと。

 

自分は短期のスキャルピングのくせに、

かなり長期足に振り回されて、

短期をないがしろにする傾向がある。

 

先週、ドル円の展望の記事を書いたけど、

シナリオは正にその通りで、

FXドル円の来週の展望。

 

中期では3日の日につけた最安値付近まで

行くのでは?という予想だった。

 

でもすぐ落ちる事もあれば、

結構深くまで戻す事も当然ある。

 

自分の戦略としては、

短期で目線が崩れたら売りを繰り返す感じ。

 

ただこれだと、すぐ落ちるのであれば良いけど、

深く戻すと、LCを量産して結構キツイ。

 

V字等の全戻しを仮にしたらもうズタボロになる・・

 

負けた要因は

 

2日とも日足は陽線、

なのにずっと売りをやってるから当然負ける。

 

-20pipsそこそこで済むならまだ良し。

 

自分はLCが平均8pips程なので、

1分の買が崩れた。ショート! ってやって

 

10連続すればもう-80pips

下手すれば100オーバー負ける時もある。

 

月曜から、木曜日までコツコツ20pipsずつ取ってきて、

金曜に-100pipsでマイ転終了とかも実際あった。

 

ホントは中期までの戻り売りゾーン候補までは、

上の青矢印の様に買いで攻めるべき。

(自分が入っていたのが、下赤矢印のイメージ)

 

そして戻り売りゾーンに到達したら、

動向をみてそこでショートに切り替えるでも遅くない。

 

自分では意識してないけれど、

戻り売りポイントの頭を狙おうとするあまり、

そうなってるのではないかなと・・

 

どうせ頭取った所で、下まで保有できる訳もないのに?

何度もLCのリスク、大負けのリスク抱えてるのに、

頭を取るのに拘るのか?

 

 

相場では「頭と尻尾はくれてやれ」

 

と言う格言もあるけど、本当うまく言ったものだと思う。

 

特に今回なんかは下まで何100pipsもあるんだから、

途中から乗っても全然遅くない。

 

1時間レベルで戻しそう (まだどこまで戻すかは不明)

→短期の売りが崩れる

→短期で買いを狙う

(ただこちらは長期で逆張りなので、間近高値等でまめに利確)

 

→高値更新したら、更に押し目を狙う。

 

戻り売りゾーン到達 →ポジションクローズで動向みる。

 

ここから二択

更に戻しそう→買で次の戻り売りゾーンまで

短期の買いを崩してきた→売りに転換。

 

で良い。何年も同じ間違いを繰り返してる・・

 

いや待てよ、そもそも戻り売りゾーンにも到達してないのに、短期売りばかりやってる。

これは連敗して当たり前。

 

チャートで書いてるうちに気が付いた・・。

 

しっかり中期の戻り売りゾーン候補を意識しておかないと、

 

10敗の内、半数以上は短期の買いが崩れたからってだけでショートしてないか?

しかも10敗の内、数回は利確しようかな?

と持ち続けて結果、LCになってるものもある。

 

数字で見ると+10と-8だけど、その差18pipsこれも絶対でかい。

 

仕事中、育児中などで注文設定をいじれない時もあるけど、

建値にする等の対策も必要。

 

もう何年も同じ事をやってるけど。

 

今年はちょっと意識してやっていこうと思う。

 

以上、

自分がFXで日単位で負けるパターンでした。

最後まで見て頂き、有難うございました。

人気記事
おすすめFX講座はこちらから。

おすすめFX口座【FXブロードネット】

スポンサーリンク

FX

Posted by Tka